お知らせ

[1]      «      4   |   5   |   6   |   7   |   8   |   9   |   10   


【公募開始】革新的低炭素技術集約産業国内立地推進事業

投稿日時:2011年06月09日

経済産業省では、リチウムイオン電池やLEDなどの低炭素製品のうち、
CO2削減効果の高い革新的な製品について、生産技術を確立するため必要
となる最初の生産ライン(いわゆる1号ライン)の国内立地を支援する「革
新的低炭素技術集約産業国内立地推進事業」を公募します。

http://www.meti.go.jp/information/data/c110601aj.html

公募説明会のご案内
http://www.chubu.meti.go.jp/tisin/index.htm

【セミナー情報】「役立つ!人事労務施策の活用法」

投稿日時:2011年05月12日

「役立つ!人事労務施策の活用法」
 〜今が旬な中小企業に役立つ人事労務の助成金等の政策を分かりやすく解説します〜

日時:5月26日(木) 18時30分〜19時30分
場所:瀬戸信用金庫 中村支店
講師:特定社会保険労務士 伊藤舞先生

【セミナー情報】創業支援セミナー 屬客様を感動させる企業を創る」

投稿日時:2011年05月12日

創業支援セミナー
「お客様を感動させる企業を創る」 〜自己実現する創業の心構えを学ぶ〜

創業を志す方々に向けて、その心構え、準備すべきこと、事業を成功させるノウハウ等、お客様に感動を与える企業のつくり方を講義いたします。

日時:平成23年5月26日(木) 13:30〜16:30
会場:一宮商工会議所
講師:中小企業診断士 寺田久美先生

お問い合わせ先
 一宮商工会議所 一宮ビジネス支援センター TEL 0586-72-4611

愛知県 「あいちガンバロー資金」(震災対策緊急つなぎ資金)の創設について

投稿日時:2011年05月12日

制度の概要
(1)資金名
「あいちガンバロー資金」(震災対策緊急つなぎ資金)

(2)資金の内容
 融資対象要件:東日本大震災の影響を直接的に又は間接的に受け、直近1か月の売上高又は売上高総利益額(以下、売上高等)が、前年同月又は2年前同月の売上高等に比べて減少していること

資金使途・融資限度額:運転資金 5,000万円
融資期間・利率:3年・年1.5%
信用保証料:県が契約時の額を全額補助します。
据置期間:原則として、1年
担保・保証人:原則として、無担保、法人代表者以外の連帯保証人は不要
無担保信用保証枠:保証協会が認めれば、無担保保証枠の利用が8,000万円以上の場合でも、本制度の融資限度額5,000万円を全てについて、無担保でご利用いただくことが可能です。
その他:本資金に係る信用保証を促進するため、信用保証協会に対する損失を全額補償します。

(3)融資枠
1,000億円

お問い合わせ先
愛知県 産業労働部 中小企業金融課 融資グループ
 052-954-6333(ダイヤルイン)

【公募開始】平成23年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」

投稿日時:2011年05月12日

再生可能エネルギー分野の重要性に着目し、中小企業等(ベンチャーを含む)
が保有している潜在的技術シーズを基にした技術開発を、公募により実施する
もの。
申請テーマに関して、技術や、事業化の面での有望さ等の観点から選抜・育成
し、技術開発を実施すると共に、事業化を見据えた支援を行うもの。
本事業は、技術開発のステップによって、3つのフェーズ(フェーズA、フェー
ズB、フェーズC)を設けます。平成23年度公募では、各フェーズへの申請を募
集します。

○募集する技術分野
公募する技術分野は、エネルギー基本計画、新成長戦略等に示される下記の分
野とします。>   太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス利用、太陽熱利
  用、その他未利用エネルギー分野。
  また、再生可能エネルギーの普及、エネルギー源の多様化に資する新規技
  術(燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム等)。

○申請者の要件
中小企業等であること。複数機関で申請する場合は、代表となる機関を申請者
とし、申請者以外の機関を連名申請者とします。
なお、フェーズAについては、複数機関での申請を前提としていると共に、連
名申請者の一つは大学であることが必要です。

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_00725.html

【公募開始】平成23年度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」

投稿日時:2011年05月12日

再生可能エネルギー分野の重要性に着目し、中小企業等(ベンチャーを含む)
が保有している潜在的技術シーズを基にした技術開発を、公募により実施する
もの。
申請テーマに関して、技術や、事業化の面での有望さ等の観点から選抜・育成
し、技術開発を実施すると共に、事業化を見据えた支援を行うもの。
本事業は、技術開発のステップによって、3つのフェーズ(フェーズA、フェー
ズB、フェーズC)を設けます。平成23年度公募では、各フェーズへの申請を募
集します。

○募集する技術分野
公募する技術分野は、エネルギー基本計画、新成長戦略等に示される下記の分
野とします。>   太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス利用、太陽熱利
  用、その他未利用エネルギー分野。
  また、再生可能エネルギーの普及、エネルギー源の多様化に資する新規技
  術(燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム等)。

○申請者の要件
中小企業等であること。複数機関で申請する場合は、代表となる機関を申請者
とし、申請者以外の機関を連名申請者とします。
なお、フェーズAについては、複数機関での申請を前提としていると共に、連
名申請者の一つは大学であることが必要です。

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_00725.html

【公募開始】「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト

投稿日時:2011年05月12日

「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/先進的医療機器シ
ステムの国際研究開発及び実証」(公募)

我が国が有する医療分野及びその他の異分野に関する優秀な要素技術を組み合
わせた遠隔診断システム等のシステムを構築し、海外現地国と連携した共同研
究、実証を推進し、最終的なインフラ構築を目指すとともに、現地医療従事者
に対するトレーニング等の実施や、国際的な産業基盤構築に向けて、医療機器
システムに係る有効性や安全性に関する評価技術の開発、及び国際標準の策定
・提案に向けた取り組みを行います。

公募期間:平成23年4月27日〜平成23年5月27日

http://www.nedo.go.jp/koubo/EK2_100001.html

【公募開始】平成23年度「民間企業の研究開発力強化及び実用化支援事業」

投稿日時:2011年05月12日

○事業内容
本事業は、先端的・独創的な優れた技術を有する民間企業が、大学や地方公共
団体が設置する試験研究機関等との共同研究によって、新たな製品や技術の実
用化に向けた実証又は性能評価を行う事業について、共同研究に要する費用の
 一部を補助するものです。

○公募期間
 平成23年4月25日(月曜日)〜5月25日(水曜日)

○公募要領等は、下記のページから入手ください。
http://www.meti.go.jp/information/data/c110425aj.html

【公募開始】平成23年度イノベーション推進事業に係る研究開発テーマの公募

投稿日時:2011年05月12日

「イノベーション推進事業」のうち
  「産業技術実用化開発研究助成事業」
  「研究開発型ベンチャー技術開発助成事業」
  「次世代戦略技術実用化開発助成事業」
  「課題解決型実用化開発助成事業(新規)」
に係る研究開発テーマを下記のとおり広く募集するもの。

本事業では、民間企業や大学等の有する先端技術シーズや有望な未利用技術を
活用した実用化開発を支援することにより、我が国の技術の強みを生かした世
界最先端のイノベーション創出を図るとともに、成長の源となる新たな技術及
び産業のフロンティアを開拓し、もって「課題解決型国家」の構築に資するこ
とを目的とします。

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_00760.html

[1]      «      4   |   5   |   6   |   7   |   8   |   9   |   10   

Copyright © 2011 - 2018 cs-navi.or.jp
本サイトは 株式会社アルタが運営するMSビルダーのSiteビルダーによって制作されています。